雑記

コンビニ3社の無塩ミックスナッツ カロリーを含めて徹底的に比較!

2021年7月25日

健康のために無塩のミックスナッツをコンビニでよく買うけど、コンビニごとに差があるのか知りたい!

糖質制限やダイエット中の強い味方であるナッツ。

みなさんも毎日ガツガツ食べているかと思います。

いわば今は空前のナッツブームと言っても過言ではないでしょう。

ビジネスチャンスは見逃さないコンビニ各社も

塩と油を使用していないミックスナッツをこぞって販売しています。

今回は大手コンビニ3社の無塩ミックスナッツを徹底比較。

果たしてコンビニごとに明確な差はあるのか!?

みなさんが製品を選択する際の手助けとなれば幸いです。

今回の対象コンビニ3社は以下の通り。

  • ファミリーマート 
  • セブンイレブン 
  • ローソン    

この記事を読むメリット

  • 大手コンビニ3社で販売されている無塩ミックスナッツの違いを知ることができる
  • 製品によっては含まれていないナッツの種類を知ることで好みの製品を選択できる
  • ナッツに関する豆知識を知ることができる

管理人プロフィール

ナッツ&ドライフルーツ製造工場にて10年間品質管理業務に従事した経験あり

10年間で食したナッツの数は10,000以上!

今回は品質管理ならではの視点も踏まえて比較していきたいと思います!

結論:コンビニ3社の無塩ミックスナッツ比較の結果に大きな差はなし。

  • 製造工場がほぼ同一なためコンビニごとの味・品質の差異はほとんど感じられなかった
  • 1gあたりの摂取カロリーは3社とも全く差がないため、好きなナッツが含まれる製品を選べばOK!
  • マカデミアナッツが好きな方はセブンイレブンまたはファミリーマートがオススメ
  • マカデミアナッツが無くてもいい、おしゃれなパッケージを持ち歩きたい方はローソンがオススメ

コンビニ3社の無塩ミックスナッツをカロリー含めて徹底比較

コンビニ業界の3大巨頭揃い踏み

ファミリーマート:塩と油を使っていない素焼きミックスナッツ

内容量85g 税込み320円

ファミリーマートは塩と油を使っていないことを強調していますね。

ロカボマークもわかりやすい位置に印字されています。

解説

ロカボマークとは・・・食・楽・健康協会が掲げている、世の中の人々に「おいしく、楽しく食べて、健康に」なっていただきたいという理念のもと、「おいしく楽しく適正糖質=ロカボ」を更に普及させていくために作成されたマークになります。

引用:ロカボオフィシャルサイトより

セブンイレブン:食塩不使用 素焼きミックスナッツ

内容量83g 税込み321円

セブンイレブン製品にはロカボマークはありません。

他のコンビニと違って「食塩不使用」という言葉を使っています。

kcalが包材表面に記載されているのは、セブンイレブンだけでした。

ローソン:素焼きミックスナッツ

内容量35g 税込み208円

ローソンの特徴はなんと言っても内容量ですね。

2021年7月現在、無塩のミックスナッツは35gの少量サイズのみの展開です。

セブンイレブン同様、ロカボマークが付いています。

パッケージに写真を使用していることもあり、3社の中では一番オシャレな気がしますね。

コンビニ3社比較:包材面について

3社ともにチャック袋を採用しており、

一度に食べ切ることができなくてもジッパーで保存が可能になっています。

ローソンは紙の袋を採用してコストダウンしている

さりげない気配り

ローソンのみ、包材の内側がアルミ加工になっています。

ナッツは日光を受け続けると脂質が酸化して油臭くなるため、その対策と思われます。

見えないところにも手を抜かない、さすがローソンです。

尚、一般的なミックスナッツにおいては

  • マカデミアナッツ
  • くるみ
  • カシュー
  • アーモンド

の順に酸化が起こりやすいので注意が必要です。

これは4種のナッツの中ではマカデミアナッツに含まれる脂質が一番多いからですね。

コンビニ3社の無塩ミックスナッツ比較:価格面 販売・製造工場について

コンビニ名内容量価格(税込み)価格(1gあたり)販売元製造者
ファミリーマート85g320円3.76円稲葉ピーナツ稲葉ピーナツ
セブンイレブン83g321円3.87円共立食品京葉流通倉庫
ローソン35g208円5.94円共立食品+KRC(固有記号)

ファミリーマートとセブンイレブンは内容量が似ていることもありほぼ同一の結果です!

わずかにファミリーマートがお得かな?といった程度。

ローソンは内容量が少ない分、1gあたりの価格が高めになってしまうのは仕方ないところ。

販売者はファミリーマートのみ稲葉ピーナツ、セブンイレブンとローソンは同じ共立食品ですね。

製造者を見ると3社バラバラに見えますが、

  • セブンイレブン 京葉流通倉庫
  • ローソン    +KRC

これは、「Keiyou Ryutsu Center」の略が「+KRC」となっている可能性があるのでは!?と推察します。

製造所固有記号は、シンプルな付け方をしたほうがわかりやすいので!

確証は無いですが。

製造所固有記号ってなんですか?

解説

製造所固有記号とは・・・大きな食品会社になると全国各地に工場を所有することが多くなる。(関東工場 関西工場 東北工場など)

対象製品を、全国のどの工場で製造したものか目印として設定する記号のこと。製品回収などの有事の際に、非常に役立ちます。

コンビニ3社の無塩ミックスナッツ比較:カロリー&糖質

コンビニ名カロリー(1袋)カロリー(1gあたり)糖質(1袋)糖質(1gあたり)
ファミリーマート559kcal6.6kcal10.3g0.12g
セブンイレブン547kcal6.6kcal10.4g0.13g
ローソン231kcal6.6kcal4.0g0.11g

驚愕の事実。

3社とも1gあたりのカロリー量が同一です。

カロリー面だけで見るならコンビニに差異はないことになりますね。

糖質についてはわずかではありますが、ローソンが低糖質でありました。

結果、低カロリー・低糖質順に並び替えると以下の通りとなりました。

  • ローソン
  • ファミリーマート
  • セブンイレブン

コンビニ3社の無塩ミックスナッツの配合を比較

コンビニ3社のナッツを、写真の通り計量してみました。(写真はファミリーマート)

コンビニ名アーモンドカシューナッツマカデミアナッツくるみ一括表示順
ファミリーマート33g(38.8%)24g(28.2%)14g(16.5%)12g(14.1%)①アーモンド ②カシュー ③マカデミア ④くるみ
セブンイレブン31g(37.3%)27g(32.5%)14g(16.9%)12g(14.5%)①アーモンド ②カシュー ③マカデミア ④くるみ
ローソン19g(54.3%)8g(22.9%)なし11g(31.4%)①アーモンド ②くるみ  ③カシュー  ④なし
小数点以下第2位切り捨てています

ファミリーマートとセブンイレブンは僅差です。

ローソンには、マカデミアナッツが配合されていませんので注意が必要です。

マカデミアナッツが食べたいなら、必然的にファミリーマートかセブンイレブンを選ぶこととなりますね。

さて、上の表を見ていると一つ気になる箇所があるのではないでしょうか。

ミックスナッツの中でマカデミアナッツとくるみの配合割合が特に少ないのはどうして?

配合割合が少ない原因とは

  • ナッツ原料は、一定の国による原料の買い占めが発生することが非常に多いです。(特にマカデミアナッツとくるみに多い)
  • 買い占めが起きるとその影響を受けて原料価格が高騰します。
  • 高騰した原料は、製品の販売価格を考慮すると多く配合することが出来なくなります。
  • 原料価格が比較的安値であるアーモンドやカシューナッツがその分多く配合されます。
  • 結果、製品に対するマカデミアナッツとくるみの配合割合量が少なくなります。

大体、こういうからくりになっています。

ローソン製品にマカデミアナッツが配合されていないのもこの辺が関係しているのではないでしょうか。

35gの内容量にマカデミアナッツを入れると、販売価格がかなり高くなってしまうことが予想されます。

マカデミアナッツは人気の高いナッツだから、ローソンさんも本当は入れたいはず・・・。

コンビニ3社ミックスナッツにおける原料価格順ピラミッドについて

  • マカデミアナッツ
  • ピスタチオ
  • くるみ

上位3強は揺るぐことの無い原料価格が保たれています。

その下に、中堅のアーモンドやカシューナッツが鎮座していますね。

更にピラミッドの底辺には

  • ジャイアントコーン
  • ピーナッツ
  • 豆菓子

を始めとした原料価格の安い軍団員が、日々土台を支えています。

このピラミッド図を踏まえて、製品選択の際は裏面の一括表示をチェックしてみてはいかがでしょうか。

解説

製品の裏面に記載されている一括表示内の原材料名は、内容量が多い順に記載するルールとなっています。

原料価格が高いナッツが始めに記載されている製品を選ぶと少し得するかもしれません。

ちなみに、各種ナッツのフリー画像をダメ元でイラストやさんで探してみたところ全部網羅されてて、ひっくり返りました。

豆菓子まであるとか、マニアックすぎるでしょ・・・

いらすと屋さんには足を向けて眠れませんね。

まとめ

  • 製造工場がほぼ同一なためコンビニごとの味・品質の差異はほとんど感じられなかった
  • 1gあたりの摂取カロリーは3社とも全く差がないため、好きなナッツが含まれる製品を選べばOK!
  • マカデミアナッツが好きな方はセブンイレブンまたはファミリーマートがオススメ
  • マカデミアナッツが無くてもいい、おしゃれなパッケージを持ち歩きたい方はローソンがオススメ

いかがだったでしょうか。

16時間断食など、様々な健康に関する考え方が発信されています。

ミックスナッツは、手軽に美味しく健康になることができる食べ物です。

この記事の内容が、コンビニでミックスナッツを購入する際の判断材料になれば嬉しいです!

今後もいろいろなナッツを紹介していきますよ!

最後に

健康のために食べるなら素焼きのナッツが一番ですが、

塩と油を使用した有塩ナッツも、言うまでもなく美味しくて魅力的です。

一度に食べる量を抑えれば、カロリー過多になることもありません。

色々なナッツを試してみて、自分好みの一品を見つけてみてくださいね。

コンビニには、ナッツをたっぷり使用したバータイプの製品もあります。こちらの記事で詳しく解説していますので参考にしてみてください。

合わせて読みたい

この記事がよかったら、ポチッと押してネ(*´ω`*)

さこん

本業の傍ら、webライターと複数のブログを運営中。 2014年からグラブルを開始、まだまだ楽しませてもらっています。 火属性と十天衆の限界超越などのソロでも出来るやりこみコンテンツが大好物♡ このブログでは、限界超越素材の効率的な集め方など記事にしています。 以後、お見知りおきをー!

スポンサーリンク

悩める騎空士にオススメの記事

1

6人HLマルチが苦手な人でも素材が集められるように光属性でのベリアルHLソロ討伐を動画込みで徹底的に解説します。限界超越150を目指す上で避けては通れない素材「狡知の魔角」を頑張って集めていきましょう!

2

リンクスメイトを4年間継続した筆者が、グラブルプレイヤーとして見た場合のメリットとデメリットを紹介。おすすめのプランから、リンクス交換チケット入手までの必要期間まで徹底解説します。

3

十天衆の限界超越で1キャラごとに300個必要となるプシュケー。全員を超越させた管理人が考える2022年最新のプシュケーの効率的な入手方法を詳しく解説します。

-雑記

error: Content is protected !!