フルオート 高難易度

【グラブル】ムゲンHL敢闘報酬狙いを30日継続すると滅尽剣は何本落ちるかを検証してみました【自発赤箱のドロップ率も調査】

きくうしうさぎ
きくうしうさぎ

ムゲンHL、共闘部屋を立ててても全然人が集まらないっす…。

現状どうしても人が集まりにくいムゲンHLですが、毎日の自発分だけでも消化したいという騎空士さんは多いはず。

このブログでは以前、安定してムゲンHLのHP量を30%削ることができるフルオート編成を解説しました。

【グラブル】ムゲンHL敢闘報酬狙いフルオート 限定キャラなし水属性マグナ編成使用 安定して70%まで到達可能【滅尽剣狙い】

きくうしいぬ
きくうしいぬ

敢闘報酬狙いと言っても30%分の貢献度しか稼げないんですよね…?

きくうしうさぎ
きくうしうさぎ

本当に滅尽剣、落ちるんすか?

そんな疑問を持っている騎空士さんのために、ムゲンHL敢闘報酬狙いを30日間実施、入手できたドロップ素材の集計を取ってみました。

この記事はこんな人におすすめ

ムゲンHL敢闘報酬狙いのドロップ内容に興味がある

ムゲンHL敢闘報酬狙い時の自発赤箱ドロップ率が知りたい

敢闘報酬狙いでどのくらい滅尽剣がドロップするのか知りたい

さこん
さこん

それでは、解説していきます

結論

この記事の内容をまとめると

  • ムゲンHLは神石・マグナを問わずフルオート編成で敢闘報酬を狙うことが可能
  • 敢闘報酬狙いを30日行った結果、自発赤箱は7個ドロップし滅尽剣は1本ドロップした
  • 敢闘報酬狙いは手が空いた時間にフルオートで自発を消費できるだけでなくシヴァのマグナアニマや磁性粒子などの副産物も集められる
  • 一方で、自発赤箱のドロップ率は23.3%程度と高くはなく、滅尽剣を揃えるには長期間の継続挑戦が必要となる
  • ムゲンHLの自発素材であるイグナイトラブルは、六竜ウィルナスシングルバトルを効率よくクリアすることで集めることが可能

ムゲンHL敢闘報酬狙い30日ドロップ集計結果(自発赤箱)

30日間、自発フルオートを実施した結果、ドロップした自発赤箱の数は7個、自発赤箱自体のドロップ率は約23.3%となりました。

さこん
さこん

おおよそ4日に1回赤箱がドロップすることになりますね。

次は、自発赤箱の内訳になります。



滅尽剣

滅尽の残気3個


磁性粒子


至極の指輪
ドロップ数1411
1ヶ月に1本ペースでドロップ

結果的に、滅尽剣を1本ドロップさせることができました。

きくうしうさぎ
きくうしうさぎ

1ヶ月に1本ペースっすね、実際続けてみてどうだったんすか?

さこん
さこん

30日間、敢闘報酬狙いを続けて感じたメリットとデメリットを解説していきますね

ムゲンHL敢闘報酬狙いのメリットは?

忙しくても手軽に自発が消化できる

敢闘報酬狙いのフルオートを行った場合、PTが全滅するまでに約20分かかるものの操作自体は難しくありません。

手が空いた時などに手軽に自発が消化できるのが最も大きなメリットではないでしょうか。

【グラブル】ムゲンHL敢闘報酬狙いフルオート 限定キャラなし水属性マグナ編成使用 安定して70%まで到達可能【滅尽剣狙い】

滅尽剣以外にもさまざまな副産物が入手できる

敢闘報酬狙いを続けると金箱からさまざまな素材がドロップします。

シヴァのマグナアニマやダマスカス磁性粒子など、いくつあっても困らない素材も滅尽剣を狙う過程で集めることができるのはメリットと言えます。

さこん
さこん

もちろん、メリットだけでなく続けていて感じたデメリットもあります

ムゲンHL敢闘報酬狙いのデメリットは?

敢闘報酬狙いで滅尽剣を完成するにはかなりの時間がかかる



滅尽剣

滅尽の残気3個


磁性粒子


至極の指輪
ドロップ数1411
30日間で自発赤箱から入手できたアイテム

上記の通り、30日間でドロップした赤箱は7個となりました。

敢闘報酬狙いを行う場合は、青箱のドロップが狙えないため必然的に自発赤箱からの滅尽剣ドロップを狙うことになります。

そのため、単純計算で4凸1本を完成させるにはおおよそ3ヶ月以上の試行回数を覚悟したほうが良いでしょう。

自発素材のイグナイトラブルが減りやすい

ムゲンHL戦に挑戦するには、自発素材として六竜ウィルナスの素材である「イグナイトラブル」が3個必要となります。

共闘部屋での6連戦を想定した場合は自発素材3個を消費することで実質6回戦闘に参加できます。

しかし、敢闘報酬狙いでは1日に3個ずつ確実にイグナイトラブルを消費することになります。

きくうしうさぎ
きくうしうさぎ

イグナイトラブルは、どこで集めるのが効率いいんすかねぇ

さこん
さこん

ウィルナスシングルバトルを日課にすると、自発分のイグナイトラブルを集めることができます!

ウィルナスシングルバトルはセミフルオート編成でおおよそ1回2分弱で討伐が可能です。詳しい内容は別の記事で解説しているので参考になれば幸いです。

【グラブル】六竜ウィルナスシングルバトル 神石セミフルオート攻略を解説 イグナイトラブルを集めてムゲンHL敢闘報酬狙いに繋げよう

まとめ

この記事の内容をまとめると

  • ムゲンHLは神石・マグナを問わずフルオート編成で敢闘報酬を狙うことが可能
  • 敢闘報酬狙いを30日行った結果、自発赤箱は7個ドロップし滅尽剣は1本ドロップした
  • 敢闘報酬狙いは手が空いた時間にフルオートで自発を消費できるだけでなくシヴァのマグナアニマや磁性粒子などの副産物も集められる
  • 一方で、自発赤箱のドロップ率は23.3%程度と高くはなく、滅尽剣を揃えるには長期間の継続挑戦が必要となる
  • ムゲンHLの自発素材であるイグナイトラブルは、六竜ウィルナスシングルバトルを効率よくクリアすることで集めることが可能

滅尽剣は、火属性としては非常に貴重なガチャ産でない堅守持ち武器となっています。

リミテッドパーシヴァルの武器である「ロード・オブ・フレイム」と同様に武器種が剣になっていることも見逃せません。

編成の幅を広げてくれる強力な武器であることに間違いはないので、是非とも集めておきましょう。

さこん
さこん

この記事が皆さんの参考になれば幸いです。

この記事がよかったら、ポチッと押してネ(*´ω`*)

さこん

本業の傍ら、webライターと複数のブログを運営中。 2016年からグラブルを開始、まだまだ楽しませてもらっています。 火属性と十天衆の限界超越などのソロでも出来るやりこみコンテンツが大好物♡ 極みスキンと十天光輝武器入手達成済み★ このブログでは、限界超越素材の効率的な集め方など記事にしています。

スポンサーリンク

悩める騎空士さんにオススメの記事

1

6人HLマルチが苦手な人でも素材が集められるように光属性でのベリアルHLソロ討伐を動画込みで徹底的に解説します。限界超越150を目指す上で避けては通れない素材「狡知の魔角」を頑張って集めていきましょう!

2

リンクスメイトを5年間継続した筆者が、グラブルプレイヤーとして見た場合のメリットとデメリットを紹介。おすすめのプランから、リンクス交換チケット入手までの必要期間まで徹底解説します。

3

グラブルのやり込み要素である極みスキン。戦力強化には全く繋がらないもののロマンを求めて取得を考えている騎空士さんも多いはず。今回は、管理人が実際に極みスキンを取得するまでの道のりを徹底解説します。

-フルオート, 高難易度
-, , , ,

error: Content is protected !!